好きな時にできるバイナリーオプション

バイナリーオプションの利点

 バイナリーオプションには様々な魅力や利点がありますが、そのうちの一つに判定結果の速さがあると思います。

バイナリーオプションは主に通貨を銘柄にした投資取引ですが、FXとは違い、最初に予測を立てる注文をするだけでよく、あとは投資期間の満了が来た時点で、投資が成功したか失敗したかの判定を待つだけのものになります。

具体的には、例えば「現在1ドル110円の為替レートが、2時間後に1ドル120円よりも上になっているか、下になっているか」という条件に対して予測を立てて投資を行い、期間満了時の判定で予測が当たれば利益が受け取れ、外れれば投資金を失って損失となります。

この投資期間の設定は、取引業者によって様々に違いがあり、国内の取引業者であれば最短で2時間、海外の取引業者では数十秒で判定が出るものがあり、このスピード感が人気の一つになっているのです。

また、自分で新規の注文を行い、通貨を保持してレート変動を待ち、通貨に含まれる損失や利益に惑わされながら決済注文でそれらを確定していくFX取引とは違い、バイナリーオプションでは、決まった時間ではっきりとした結果が出るものも特徴です。

また、結果にともなって利益と損失の金額も明確なのも投資取引が分かりやすいと好感を持たれています。

バイナリーオプションでは、投資をする際にチケットと呼ばれるものを購入するという形で投資が行われています。
このチケットの価格は取引業者によっても違いがありますが、一枚が数百円から千円ちょっと程の金額であり、ちょっとしたランチ代ぐらいからの投資取引が可能となっているのです。

このチケットを予測の信頼性に合わせて複数枚購入したりなどをして、投資金額の調整をします。
投資期間が満了になって判定結果が出ると、その結果の如何によって配当金の払い出しが行われます。

配当金には定額制と、ペイアウト倍率とよばれる変動制のものがあり、取引きの難易度によっては配当の倍率が変わります。
この配当金は購入したチケットごとに枚数の分だけ支払われ、万が一、予測が外れた場合には、購入したチケットが無効になるために、投資した金額がそのまま損失になります。

このことにより、投資をする前から受け取れる最大利益と、失われる最大損失が分かっており、為替レートの変動によって利益も損失も大きく影響を受けてしまうFXよりも、資産管理という面においては、そのコントロールがしやすいという声もあるのです。

バイナリーオプションでは、多くの場合は二者択一の選択で取引きを行っていきますので、直感で投資をしても、その勝率は五分五分となっています。
しかしながら、配当金の利益とチケット代の損失を比べると、手数料などが含まれている分チケット代の方がやや高く設定されているために、5割の勝率では少しずつ損失になってしまいます。

ですので、バイナリーオプションで勝利を収めるためには、為替相場の予測をしっかりと行い、利益が見込めそうな取引きではチケットを多く買って利益を大きくし、不利な相場であればチケットを少なく買うか、もしくは投資を見送るなどして調整をしていく必要があるのです。