好きな時にできるバイナリーオプション

バイナリーオプションの利点

 バイナリーオプション、FXなどに代表される金融商品や投資取引は、よくギャンブルだと言われることがあります。

これは、確かにそういう一面もあり、しかしそれは、例えばバイナリーオプションというものに対して、どのような思想で取引きを行う事を決意し、どのように事前準備をしてアプローチし、どのように資金を投じて、資産をどのように運用していくのか、ということに起因され、バイナリーオプションと言うものがイコールとしてギャンブルと結び付けられるのではなく、それを執り行う投資家の扱い方がギャンブルとしての形を作っているということが真実なのです。

バイナリーオプションでよく用いられる取引ルールは、「今1ドル100円となっている為替相場が、2時間後には1ドル120円よりも高くなっているか、低くなっているか」という事に対して予測をして資金を投じ、その判定を待って予測が成功すれば配当金が受け取れ利益になり、予測が失敗すれば投資した資金が失われて損失となる、というものです。

これに対して、当たればもっけと考えて、為替相場もロクに調べずに直感で予測を立て、生活費をも含めた巨額の資金を投じて、一攫千金か、一文無しか、という投資方法を行えば、これは誰しもが認めるギャンブルになるでしょう。

しかし、手持ちにある資産をすこしでも増やしておこうと考え、経済ニュースなどを入念にチェックし為替相場の値動きや分析を丹念に行った上で成功を見込んで予測を立て、自分の資産から損失と利益を鑑みた分の資金を投じ、得た利益は次の資産運用に振り分け、失った損失は資金の想定圏内に収める、という投資方法であれば、これをギャンブルと呼ぶことは難しいのでなはいのでしょうか。

トレードと呼ばれるものは、こうした考え方に則り、例えば為替相場のレート変動という、確定性の低いものに対してのリスクを限りなく軽減させ、そこに資産を投じて運用していくものになるのです。

もちろん、トレードであるため、こうした不確定性に飲み込まれ、想定外の資金を失ったり、分析の間違いや、心理的な高揚や不安などから判断を誤り、大きな資産を失うという事は、起こり得ます。
例えば、それはハイリスクハイリターンの投資取引と言われるものになり、そうしたものを排除していけばローリスクローリターンの投資取引となるのです。

こうした見地からバイナリーオプションを見ていくと、国内、海外の取引業者によって違いはあるものの、バイナリーオプションは比較的にローリスクローリターンの投資取引と言っていいでしょう。

先ほどの例にも出ましたが、もっともポピュラーとされる取引ルールは、二者択一のどちらかを選択することになり、取引きの成功確率は無作為でも5割、為替相場へ知識を高めていけばその率を上げていく事はもちろん可能になっています。

資産の投資と、その利益、損失に関しても、投資した資金以上の損失はなく、利益は投資した資金に応じ、あらかじめ決められている配当金が払い出されるために、資産管理が非常に明確に行えるのです。

こうしたことから、バイナリーオプションは、しっかりとした資産運用にも充分に耐えうる取引が行える金融商品であり、計画的にトレードが行える投資取引きであると言えるのです。